ブログ

ダイアログ・イン・ザ・ダークを体験して

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

昨日に引き続き大阪でした。
午後に念願の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
大阪で「対話のある家」を体験してきました。

真っ暗闇の空間での60分間。
初対面の6人の参加者と、アテンダーの2人で
暗闇の家に帰るという形。

内容は、ぜひご体験してみてください。
感想だけ書きたいと思います。

1.60分の時間が、20分位に短く感じた。
2.畳の匂い、ほうじ茶の香りが心地よかった。
3、参加者全員の話すスピードがゆっくりで
聞き取りやすいし、心地よかった。
4、声から伝わる印象通りの方と、そうでない
方がおられ、不思議だった。
5.6人がバラバラで好きなことをしている時より、
円卓を囲んでいる方が、楽しいし心強い。
6.助け合うことが普通であり、助け合わない
という選択は無いに等しい。

こんなことを感じましたが、これって、チームの
基本なんじゃないかな?

自分一人では何もできない。
でも、もっと成長したいし、幸せになりたい。
みんなで力を合わせることが、一人では辿り
着けない大きな成長を手に入れられる。
心を開いて話をすることが、勇気をもって
前進するエネルギーになる。
言葉も声もリズムも、相手を傷つけるものは
何もない、
本来のチームの姿。
家族の姿かなって。

定期的に、リセットする場所になりそうです!!


ページ上部へ戻る