ブログ

オリンピックを見る観点

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

リオデジャネイロオリンピックでは、
たくさんの感動を頂いています。

日本の選手が、連日大活躍してくれていて、
案の定、寝不足になっています。(笑)

僕の年齢だと、14回目の夏季オリンピックに
なるようですが、小さいころと現在では、
オリンピックを見る観点が大きく変化。

今でもそうですが、小さいころは、試合の内容や
結果を重視していて、勝ってうれしい、
負けて悔しいという勝敗ばかり注目していました。

でも今は、それに加えて、選手の表情や姿勢が
気になったり、選手とコーチの会話や表情、
チームメイトとの関わり合いだったり、
チームの雰囲気やエネルギーなど、
色んなところが気になっています。

僕が、このリオオリンピックで最も注目していた
体操男子団体ですが、チームの雰囲気が、
予選の時に比べかなり良くなっていて、
内村選手が大会前から言っていた
「団体で金メダル」
が、準備の段階からできていたんだなぁと、
何も心配することは無かったんだと思いました。

やっぱり日本は、「和の精神」なんですね?
チームが一丸となった時に、
強さが際立つように感じます。


ページ上部へ戻る