ブログ

フィードバックは改善したくなるように返す

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

先日、コーチングのフィードバックに関する
講座を行いました。

フィードバックって、辞書でくると、
「結果や反応を見て、調整を加えること。」
とあります。

例えば、商品の製造販売をしていて、
ユーザーからの意見や感想が送られてきて、
その情報を基に、商品の改良や新商品開発を
行なうことがありますよね。

まさにこの「お客様の声」は、
フィードバックであり、この情報がないと、
どの様に改良すればいいかや、新商品の方向性も
自信を持って決められない。

弊社のリングピローも、立ち上げ当初に頂いた
貴重なフィードバックがありました。

初めてのリングピローを商品開発する時は、
商品を完成させた形で購入してもらうことを
普通に考えていました。

ところが、ユーザーから頂く情報では、
製作は自分でやりたいので、材料を欲しい!
というもの。

よくよく調査してみると、リングピローは
新婦の友人が手作りしてプレゼントすることが
頻繁に行われていたんです。

ですので、新商品として、洋裁初心者では
難しい作業を、あらかじめ弊社で完了させ、
簡単な作業をしてもらうだけで出来上がる
キット商品を開発して販売しました。

実はそれがきっかけで、弊社のリングピローは
大きく売り上げを伸ばすことが出来たんです。

コーチングでも同じようにフィードバックを
行ないますが、これをどの様に返すかによって
クライアントの受け止め方が大きく異なり、
進んで改善を行うか、無視して改善しないか、
大きく行動が違ったものになります。
それくらいフィードバックは効果の高いもの。

そのように重要なスキルである
フィードバックの講座を先日行って、
ビデオ撮りしたものを、先ほどまで
編集していました。

見たくなくても、自分が講師をしている状態を
ビデオという正確にフィードバックしてくれる
もので見させられ、たくさんの改善点を
目の当たりにし、頭がクラクラしています。(笑)

今日は寝つきが良くないかもですね!!(笑)


ページ上部へ戻る