ブログ

選択理論心理学 集中中級講座②

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は昨日に引き続き、選択理論心理学の
集中中級講座の二日目

深い学びで、頭が沸騰しました!!

初日に引き続き、まとめきれない情報を、
ダダ漏れ状態で書き留めます。
見てもわからないかもしれませんが、よろしく!

「葛藤のトレードオフ」
①偽りの葛藤・・・答えが明確なのに踏み切れない
②真の葛藤・・・答えが選択できない
どちらを選んでも、不利益が大きい
そんな時は、選択までの猶予の時間を有意義に!
ポイントは、大切なことを大切に行動する事!
期日までそうすることで、選択が可能に!

「視点によって見え方が違う」
当事者は、自分からの見えることで判断する
メタ認知で何が起こっているかが分かれば!

「4つの人間関係」
愛と友情:水平な関係。親子、親友、互いに必要。
教える:教師と生徒
カウンセリング:問題解決してほしい人と支援者
マネジメント:人を介して仕事をする技術
上下関係の場合、構造上に問題がある
リードマネジメントはここを考える
人間の体の部位には、上下関係はない
上司をマネジメントするには?上質世界を知る。
グーグル:自由な発想の20%を与えられる
その中で生み出されるものが、グーグルを支える。
楽しみ、自己顕示欲→イノベ-ション

「プロフェッショナルな行動」
仕事上の悩みが、個人の悩みになっている。
プロとしての行動基準は、個人的に持っている。
専門家としての課題と、個人的な課題を分ける。
デリバラブル:デリバリー+エイブル
ドゥアブル:そうすることができる
ドゥアブルからデリバラブルに転換する質問。
リードマネジメントで大切な事!

「依存先を増やす」
互恵的相互関係(依存)
助けてもらえる先を、どれだけ培ってきましたか?
目的:5つの基本的欲求を充足させる(幸せになる)
その木手にに対する、複数の要素。
一つの要素に注目しすぎ。

とても深い学びでした!
懇親会は当然、ぶっ飛びました!(笑)


ページ上部へ戻る