ブログ

社員の課題解決が改善の近道

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

商品ブランドにしても、事業ブランドにしても、
戦略を構築し、コンセプトと浸透計画は必須事項。

この戦略を策定し、まず行うことの一つとして、
社員への浸透のステップがあります。

これが思うようにいかない。
そこにはいろんな経験をしてきた社員がいて、
それぞれ思いがあるからだ。

一人の社員を見ると、小さいころからの経験や、
会社での経験など、たくさん持っていて、
一人一人価値観も違えば、視点も様々。

つまり、一つの事実に対して、捉え方が全員違う。

そんな社員に、会社として新たなブランドの
取り組みとして、こんなことをして欲しいと
伝えても、素直に取り組める人とそうでない人が
出てくる。

この状態を放置して、無理やりブランド浸透を
行なっても、良い結果は得られない。

ではどうすればいいか?

今回の新たなブランド浸透をきっかけに、
社員一人一人が抱えている心のブレーキを外し、
前進するエネルギーを高め、社員間の会話が
活発になるようにする必要がある。

それを行う時に、上司など利害関係者では
本音を出せずに空回りする危険性が高い。

第3者の専門家の力を借りて、確実に改善に
向かうように進めていく必要がある。


ページ上部へ戻る