ブログ

ブランド構築におけるコンサルの役割

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

現在、とある企業の商品ブランド戦略を構築中。
3C分析から始めて、今日はポジショニングを
行なった。

弊社のブランド構築コンサルは、8ステップで
行なうのですが、各ステップでフレームワークを
用います。

フレームワークとは、課題解決のための思考の
型の事で、思考や発想に結びつける為の、
テーマや質問が書かれていて、それに答えて
いくことで、漏れなくダブりなくできるものです。

ただ、フレームワークという質の高い道具でも、
課題は千差万別なので、力の入れ具合や勘所を
微妙に調整しながらすすめて行かないと、
上手く行かない事があり、そこをフォローする形で
コンサルをしていきます。

今日行った、ポジショニングマップは、
競合他社との明確な違いをどの要素にしていくか、
価値を高めていくのであれば、何を軸にして
いくかを決める、重要かつ発想力を問われる
ステップです。

そんな時に役立つのが、心理学やコーチングの
俯瞰する能力と質問力です。

クライアントは目の前のポジショニングマップに
集中しているので、視野が狭くなりがち。

そんな時、
1.何を導き出そうとしているのか?
2.理念やミッションとの一貫性は?
3.ペルソナの観点からずれていないか?
4.そのポジションでの市場性は?
・・・・・・・・・・・・・・
色んな視点で見ていて、外れてきている時に
主旨に戻すような質問やフィードバックをします。

道具の使い方を知っている第三者が、見てくれて
いるのといないのとでは、結果に大きな違いが
出てしまうようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初級ブランディング講座ベーシックコース
第6回富山開催決定!!
このコースは、ブランドとは何か?という
基礎的なところから、ブランドを構築する
ステップとその方法を学べる講座で、(一財)
ブランドマネージャー認定協会の2級資格を
取得できる、解りやすいと人気の講座です。
商品企画担当者、必見!!

・日時 2017年1月18日(水)・19日(木)
(両日とも10:00~18:00))
・富山市内の会場(申込者に後日連絡)
・講師 齋藤秀峰シニアトレーナー
お申し込みはこちら


ページ上部へ戻る