ブログ

選択理論心理学会富山支部 勉強会

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は、選択理論心理学会富山支部の勉強会。
いつもより参加者が少なく4名でしたが、
しっかり学びました。(笑)
内容を記録します。

【グラッサー博士の選択理論 読書会】
第2章 人を動かすもの
動機は遺伝子に組み込まれている。
生まれた時は、生存の欲求だけを自覚して生まれ、
大きくなるにつれて他の欲求が目覚めてくる。
身体的欲求:生存の欲求
精神的欲求:愛・所属の欲求、力の欲求、
自由の欲求、楽しみの欲求
大人になると、色んな欲求を同時に満たす
必要があり、複雑になり苦痛も味わう。
生存の欲求をより満たそうとした時、
より良い人間関係を持った方が上手く行ったり、
力を持った方が生存の機会に恵まれたり、
支配されずもっと容易に生存するために自由が
必要になり、分離して精神的欲求の3つになった。
楽しみの欲求は、3つの精神的欲求に結びつく
多くのことを学習する楽しみが分離して、
一つの欲求になった。
5つの基本的欲求を、バランス良く満たし、
他人の欲求充足を阻害しない生き方が必要。

【ロールプレイ(架空の事例を使って)】
田中のり子さん65歳 夫:一郎70歳(会社員)
義父:93歳 長男:たつや35歳
次男:かずや33歳 5人家族
義父を自宅で介護する専業主婦。
体力の衰えを感じ、寝たきりの義父が
「若い者は元気!」というたびにイライラする。
人前でも、平気で咳や痰をはき、気になる。
二人の息子は、揃って独身で、乾坤の気配もない。
こんな仮定の相談を使ってロープレをした。

かなり手こずり、プランまで辿り着かなかった。
いつか、この問題を解決するロープレを
見てみたい。


ページ上部へ戻る