ブログ

第20回 選択理論心理学会富山支部 読書会&研究会

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は2017年最初の、選択理論心理学会
富山支部の勉強会でした。

参加者は8名で、いつも通りの熱いメンバーで、
前半はカウンセリングロールプレイと
後半に「グラッサー博士の選択理論」読書会。

ロープレタイムでは、3人一組に分かれて
10分のセッションと5分の振り返りを
コーチ、クライアント、オブザーバーに
分かれて実施。

僕たちの組では、
「人と目を合わせられない、このままでは昇進に
差し支える」という課題でロープレ。10分では、
なかなか最後のプランニングまで
行けないですが、上質世界を聞きながら、
10年後の理想の姿をイメージしてもらったり
しているうちに、自己評価が起きる。
そんなところまで辿り着くことはできました。
まだまだトレーニングが必要ですね!

読書会では、第3章心のアルバムの読み合せ。
上質世界について書かれている章だ。
上質世界とは、その人の欲求を満たす人・物・
考え・信条などのイメージ写真のこと。
人はこの上質世界を求めて活動しており、
この上質世界があるから、ひときわ大きな
達成感も味わえるけれど、逆に絶望感も味わう
ことになる。
生まれたての赤ちゃんが成長する過程で、
この上質世界がどのように変化していくのかが
この章に書かれていて、子育て中のお父さん
お母さんにはとても参考になると思います。
ぜひ一度、読んでみてください!!


ページ上部へ戻る