ブログ

ブランディングの前に理念とミッション!

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

昨日のメルマガで、ブランディングの検討で、
参加スタッフのモチベーションも大切に
していると書きましたが、実はもう一つ、
理念とミッションを重視しています。

ブランディングにおいて、独自性や優位性を
確保できる顧客対象やポジショニングを
探すのですが、制限を外し夢中で探すことで、
企業が進んでいく方向性から外れることが
あるんです。

大手でも、この類の失敗がありましたね!
ユニクロの親会社、ファーストリテイリングが
2002年に始めた野菜販売。

品質の高い野菜を、会員制の宅配で販売すると
いう事業で、子会社のエフアール・フーズ
(SKIP(スキップ))が始めたものの、
会員数が伸びず、2004年に撤退している。

通称ユニクロ野菜と言われてて、ユーザーの
ブランドイメージ、安くてそれなりの品質とも
違えば、何故ユニクロが野菜を販売するのか?
というところでも、イメージが合わなかったの
でしょう。

マーケティングやブランディングをしていく中で、
こんな形なら儲かりそう!なんて始めてしまうと、
大きな落とし穴が待っていたりするんです。

なので、ブランディングを始めるにあたって、
理念やミッションを丁寧に確認する作業が
必要であり、必ず実施しています。


ページ上部へ戻る