ブログ

選択理論石川白山支部 勉強会に参加!

選択理論心理学会石川白山支部201702

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は、午前中にコーチングセッションを
行った後、選択理論心理学会石川白山支部の
勉強会に参加。

かなりご無沙汰していましたが、相変わらず、
温かい雰囲気で、迎えて頂きました。

前半の2時間は読書会。
「テイクチャージ 選択理論で人生の舵を取る」
故ウイリアム・グラッサー博士の遺作を使って、
回し読みで、第1章を読み終えました。

「思考、行為、そして感情は自ら選んでいる」
というタイトルの章ですが、元々、選択理論では
思考と行為はコントロールしやすく、感情と
生理反応はコントロールしにくく、思考と行為に
追従する形をとるという事でしたが、
この最新の書籍では、明確に、感情を自ら
選択していると書かれている。
この辺りが、この書籍をあえて出版した、
グラッサー博士の意図なのかも・・・。

後半は研究会で、「今さら聞く!?選択理論」と
いうタイとルで、参加者の皆さんで話し合い。

自ら「落ちこぼれ」と発言することが、どんな
影響を与えるかや、「低い置覚、高い知覚」に
ついて、意見が出ました。

特に「低い知覚と高い知覚」については、
ブランディングを扱っている僕のアンテナに
ビビッと反応!

商品購買を、選択理論心理学の脳の仕組みで
考えるとどうなるのか、近いうちに分析して
見たいと思いました。


ページ上部へ戻る