ブログ

経営理念とブランドアイデンティティ

ブランディングセミナー風景

事業をスタートさせる時でも、継続して運営していく時でも、
経営理念はとても大切なもの!

最近では耳慣れてきましたが、「理念経営」なんて言葉もある。
文字通り、経営理念を全社一丸で取り組む経営だ!

ブランディングの勉強会の時に、良く頂く質問で、
「経営理念とブランドアイデンティティ(BI)の違いが良くわからない。」というのがある。

企業全体をブランドの対象にした時、つまり企業ブランドを考えた時は、
BIも企業理念も対象は会社なので、同じように感じるかもしれない。

でも、僕は明らかに違うとお伝えしている。

企業理念は、企業が社会に存在する意義を示したものであり、
事業の内容に左右されることなく、普遍的なもの!おおよそ、初代の社長が、創業する時に掲げた大切な軸である。

それに対しBIは、企業理念と一貫性のあるポジションの中で、
どんなお客様にどのようなイメージで思って頂きたいかを
顧客のニーズ、競合との違いや自社の独自性を考慮して
作りこむマーケティング戦略の事である。

企業理念やミッション・ビジョン・バリューは、必要不可欠なので
作ったけれど、自社の商品のお客様が明確になっていない企業が
意外に多いのは、もしかしたら理念ができていることで戦略が
できていると勘違いしている可能性がある。

「企業理念さえあれば戦略なんていらない!」
って考え方は、少し危険かもしれませんよ!


ページ上部へ戻る