ブログ

人の願望をかなえるコミュニケーション術②~願望~

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

選択理論心理学のカウンセリング手法、RWDEPサイクル。
今日は、want(願望)について。

信頼関係を築くことができて、さていよいよ、
本題に入っていきます。

上質世界をお聞きし、その中でも出てくることもありますが、
解決したいことをお聞きする場面です。
クライアントが課題をどのような形にしたいのかについて、
丁寧にお聞きし、輪郭を明確にします。

ここで少しポイントです。

いろんな視点で質問すること!
課題について、自分目線でしか見ていていないことが多いのです。

・自分目線 ・相手目線 ・第3者目線
・将来から見て ・社会的に見て・・・

こんな視点で質問をしていくうちに、目先の課題が本当に
求めていることとは違うことに気付いてもらうためです。

また、本人の経験の中で、このことに気付けないときは、
あまり薦められた形ではないかもしれませんが、
情報提供をすることもあります。

情報提供をしたときは、必ず、
「これを聞いて、どのように思いますか?」
などの、自己評価をしてもらうことが大切です。

want(願望)のタイミングだけで、ここまで深くは
出来ないかもしれませんが、次の「doing(行っている事)」を
通して、気付いて頂く、これがポイントです。

明日は、その「doing(行っている事)」について、
書こうと思います。


ページ上部へ戻る