ブログ

メリットと状況証拠と全文一致

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

昨日まで、WEBサイトを作る前に目的を明確にして、
確実に企画をしましょうと書きました。

目的を達成するために、どんなページが必要で、
そのページの目的は何なのか?

こんなことを考えながら、そのページでの表現方法を
決めていきます。

いよいよ、ページ作りだ!
なんて思った人、多いのでは?(笑)

実は、ここを省略すると、効果の低いWEBサイトを
作ってしまうことになります。

ページ作りの前に、手書きのくしゃくしゃなものでも
良いので、ラフデザインをしましょう!

理由は、「メリットと状況証拠と全文一致」の
法則に沿って、ページを作る必要があるからです。

人は何らかの期待を持って、サイトを訪れます。

例えば、検索エンジンから辿り着くのであれば、
検索エンジンに書かれていた、ページタイトルや、
ページ説明文を見て、興味があれば訪問となります。
なので、ページタイトルや説明文はとても重要だし、
ユーザーのメリットを確実に伝えますよね1

なのに、訪れた先のサイトに、検索エンジンの表記と
全く違うものが出てきたら、どうしますか?

帰りますよね!期待外れですよね!

それは、検索エンジンからの辿り着くだけでなく、
今見ているページから次のページに行く時でも同じこと。

ここが重要なんです!

次のページを見たいと思ってもらうには、
インパクトの高い表現が必要ですし、辿り着いた
ページには、その期待が確実に手に入ることを
状況証拠を付けて説明する必要があるのです。

ページを辿ることで期待が薄まるのか高まるのか?

これがポイント!

実は、WEBサイトに限ったことでなく、紙媒体でも
映像でも、全く同じこと!

意外とできているようで、出来ていないことも
往々にして見受けられます!


ページ上部へ戻る
Anal