ブログ

ブランドストーリー ~カフェパウリスタ~

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は、お江戸から投稿です。

明日の勉強会に参加するためと、ブランドを学んだ
同期の仲間と、近況報告も兼ねて語りました。

彼が経営する、日東珈琲(株)と
(株)カフェパウリスタは、ブラジル珈琲を
日本で初めて輸入した会社。

彼はその三代目で、とても雰囲気が良く、風通しの
良い会社経営をしている。

日東珈琲(株)は、創業者である水野龍氏が、
明治42年、ブラジル移民に協力した中での関係で、
当時のブラジル共和国サンパウロ州政庁から、
ブラジル珈琲の一手宣伝販売健を取得し、
大隈重信の協力を得て、カフェパウリスタを設立。

翌年、銀座6丁目に、白亜3階建ての洋館を新築し、
ブラジル珈琲の普及に努めた。

当時、水野氏が、「今日、皆さまに供する珈琲は、
日本移民の労苦がもたらした収穫物で、この一杯には、
その汗の結晶が溶け込んでいる。準国産品ともいえる
珈琲を普及するために、ぜひご協力いただきたい。」
と演説し喝采を浴びたとされる。

明治の文豪たち(水上滝太郎、吉井勇、芥川龍之介など
)も、この店を訪れた記録があり、
「銀ブラ」の語源も、彼らが銀座でブラジル珈琲を
飲みに行くことを略したこととされる。

その三代目社長である彼は、初代社長水野氏の
大きな心を引き継いで、会社経営をいろんな学びを
通して実践している。

昨日書いた、「ブランドストーリー」も、
創業者の想いやミッションを貫きながら、そこで
起こったエピソードなどを伝えることで、
確実にファンを増やしていると思う。

時代の流行などを追わず、確実に積み上げが
できていて、彼の人格が会社に表れているな!
って、つくずく感じました!

カフェパウリスタ

森のコーヒー

カフェパウリスタ絵画

ジョンレノンとオノヨーコ来店


ページ上部へ戻る