ブログ

「必ずできる!」信頼する心

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

選択理論心理学でもコーチングでも同じことだが、
クライアントとのセッションで、最も大切な
ことは、信頼関係である。

人は内発的動機でしか変わることはできない。
家族であろうが他人は、変えることはできない。

これを無理やり変える行為を「外的コントロール」
というが、その根本には、相手を信じていない
という心理がある。

また、親子でも職場でも、人間関係が存在する
ところでは、相手にこうして欲しいとか、
こうなれば良いとか、たびたび思う。

仮にそう思ったとしても、相手は絶対に大丈夫。
必ずできるようになる!と信じていれば、
こうした方が良いとかアドバイスをしないでも、
信じて待つことができるはずだ。

いろんな経験を重ねると、課題を超えてきた
自分はその経験があるがために、超える方法を
教えてしまう。

これでは、相手の成長は望めない!

必ずできる!
そう信じる心は、自分の習慣であり人格である。

イギリスの作家、サミュエル・スマイルズの詩に、
思いの種をまき、行動を刈り取り
行動の種をまいて習慣を刈り取る
習慣の種をまき、人格を刈り取り
人格の種をまいて人生を刈り取る
というのがある。

「人格主義」を肝に銘じる!


ページ上部へ戻る