ブログ

三菱自動車の問題について

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

三菱自動車が、またやらかしちゃいましたね!
燃費試験での不正行為。

過去にリコール隠しで、経営の窮地に陥った
経験があるにもかかわらず、根本的な改善が
出来なかったようだ。

三菱自動車は、リチウムイオン電池搭載の
電気自動車を、日産自動車と並行して開発し、
市場に商品を投入したりして、地球環境に対する
取り組みが積極的な会社というブランドイメージ
がある。

なので、今回の不祥事は、顧客の期待を根本から
裏切る行為として捉えられ、イメージダウンは
まぬがれない。

では、企業理念はどうなっているのでしょうか?
「大切なお客様と社会のために、走る歓びと確かな
安心を、こだわりをもって、提供し続けます。」
(2005年1月制定)
となっていて、三菱グループの「三綱領」の
精神をうけて制定したとある。

この理念を社員全員が共有していれば、
今回の問題は起こらなかったはずであり、
そこから考えると、経営理念が名目になっていて、
社員一人一人に浸透していなかったと言わざるを
得ない。
なんだか、社内のコミュニケーションに問題が
ありそうな匂いがしますね。

株価を見ると、850円程度だったものが、
今は400円程度に落ち込んでいる。
でも、よくここで止まったという感じだ。
この機会に今度こそ根本的な改革をすべきであり、
それをできる経営者が必要だと思う。


ページ上部へ戻る