ブログ

挫折の中で変わったものは何?

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

今日は新たに、コーチングセッションの
申込がありました。

まだ、お会いしたことがない方ですが、
WEBサイトより、お申込みいただきました。

現在は会社で管理職をされている35歳で、
将来は、独立・起業を目指しているとのこと。

楽しみですね~~!
夢を実現するために、頑張っている。
どんな方なんでしょうか?

長くお付き合いさせていただけるように、
全力を尽くしたいと思います。

先ほどまで、女子バレーを見ていて、
逆転勝ちに感動しましたが、
試合が終わった後、次の番組、
「石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」で、
元日本代表、竹下佳江さんの
挫折と栄光に、さらに感動した。

日本代表が初めてオリンピックに出られない
事態を招いたとして、身長158cmの
小さいセッター竹下が戦犯扱い、大バッシング。
「何のためにバレーを続けているんだろう?」
情熱を失った竹下は、24歳で引退。
いったん就職するも、たまたま見に行った
バレーの試合で、復帰のオファー。何度も何度も、
「あなたが必要なんです!」
の言葉に、閉じていた心が再び開く。

そして、世界バレーで日本人初のMVPをとり、
そしてロンドン五輪で銅メダル。

どん底から這い上がり、頂点に至る人生。
きっと、そのどん底の時に、何かが大きく
変わったのだろう。

番組では触れていなかったので、書籍を買いました。
セッター思考
早速、読みます!!


ページ上部へ戻る