ブログ

意味のある企業理念

みなさん、こんにちは!

I CAN コーチング ミッションコーチの齋藤です。

事業を始める時や、改革をする時、
戦略を立てたり見直すことがあります。

そんな時、マーケティング戦略やブランド戦略を
用いますよね!

ブランド戦略の構築をお手伝いする時に僕は、
必ず「企業理念」や「ミッション」を尋ねます。

すると、
「すべてはお客様と社員の幸せのために」とか
「地域社会のニーズに応え、商品を揃えます」
こんな理念を見かけることがあります。

これは、一見、理念のようにも見えますが、
単に商売をしていくうえで必要なことであり、
創業者が、内なる声を実現する手段として、
設立した企業の存在意義とは思えない。

これは僕だけの考え方なのかもしれないが、
理念には社会のなんらかの課題を解決する、
そんな目的が含まれていてほしいと思うし、
それを解決する方向性のことであれば、
積極的に行動していくという強い意志が
あって欲しいと思う。

その企業理念があってこそ、ブランド戦略で
独自性を明確にすることができるし、
そこで働く一人一人が、自分の職務において、
何をすべきで、何をしないかが明確になる。

接客一つにしても、理念やブランディングに
基づいた、他社と違う独自性があって
しかるべきと考える。

これが、心の時代に求められる企業像
なのではと・・・。


ページ上部へ戻る